ハンガリーでのワーホリなど長期滞在者に必須の住所登録証について

どうも、マイペースにハンガリーライフを満喫しているlee抹茶(@lee_matcha)です。

今回は、ハンガリーに長期間滞在する外国人に提出が求められる住所登録証(Address Registration Card)について、またその更新手続きの流れを紹介します。

スポンサーリンク

住所登録証(Address Registration Card)とは?

まだ申請したことがない人向けの情報:住所登録証とは、観光ビザなどではなく、居住許可証(Residence Permit)(ワーキングホリデーや留学など)でハンガリーに滞在する外国人が所持していなければいけない書類です。

この住所登録証の手続きをすることで、ハンガリーに滞在している外国人の所在地を政府が把握できます。

初回/更新手続きに必要な書類

以下は、住所登録証の手続きで、私が提示/提出を求められた書類です。

居住許可証を受け取る時の初回手続きに必要なもの

・パスポート(Passport)
・契約書(Contract)
・記入済みの住所登録証(Address Registration Card)

居住許可証の申請時にあらかじめ、住所登録証をもらっておきましょう。聞かないとくれないので、移民局に用紙だけ取りに行くはめになり赤い涙がこぼれるかもしれません。

住所変更などによる住所登録証の更新に必要なもの

・パスポート(Passport)
・居住許可証(Residence Permit)※カードだよ
・新しい契約書(Contract)
・現在の住所登録証(current Address Registration Card)
・記入済みの新しい住所登録証(new Address Registration Card)

現在の住所登録証は移民局に提出する必要があるので、忘れないようにしましょう。

住所登録証の記入



住所登録証の記入項目は上記図の通り

・申請者
・物件所有者(アパートのオーナーなど)
・移民局の担当者

の3つに分かれています。また、この住所登録証には切り取り線が付いていて、移民局に提出する際に切り離されその片方を受け取ることになります。

物件所有者の記入部分はサインのみなので、サクッともらって自分と物件の情報等を記入しましょう。ただ、記入間違いをして書き直しと言われた場合、再度オーナーさんのサインをもらわなければいけないという、わりとしんどくさいことになります。

なので、初回申請時も含めて私が記入した際『解せぬ…』と思った部分に触れておきます。

分かりづらかった記入項目

17.旅券番号:パスポート番号。
18.居住証の種類:Resident Permitと書かれたカードを持っている人はこちらにチェック。ちなみに、私は初回申請時シェンゲン協定(スタンプのみ)で入国していたので、どちらにもチェックは入れませんでした。
19.居住許可証番号:↓カード右上の数字を記入。

20.国境を越えた場所:飛行機を利用して入国したので、Budapest Aiportと書いたらOKでした(適当)。別経由で入国した人はその場所を記入。

わからない部分は開けておいて移民局で聞いて書くのもありかな(適当)
ただこの用紙には物件所有者のサインが必要だから、未記入部分ありのサインに承諾してもらわないとだね

移民局で更新手続きをする

前対応デスクで『I’d like to renew my address paper』と言えば、上記書類をすべて持っているか確認され、問題なければ待ち番号をもらえるでしょう。本対応デスクで必要書類を提出/提示して、問題がなければスタンプを押してもらった部分の用紙をもらえます。

それから、次回更新予定がある場合は新しい住所登録証をもらっておきましょう。聞かないとくれないので、移民局に用紙だけ取りに行くはめになり赤い涙がこぼれるかもしれません。(デジャヴュ)

それにしてもあの場所、前対応デスクと待ちイスの位置が微妙で、列らしい列にならなくて新しく来る人みんな割り込みする感じになってる
確かに…毎回誰かが「最後尾はあっちだよ」って言わないといけないもんね
というわけで、気づいたら遅くなる前に言おう!しっかりと言おう!
と経験者は語る

以上、住所登録証まとめでした。この記事によって1つでも多くの心労を減らす手助けができれば幸いです!セルヴス!

スポンサーリンク