オーストリアでドイツワーホリを取得した(2018年)


どうもlee抹茶です。生きてます!(簡潔)

今回は打って変わってドイツのワーキングホリデービザ。ハンガリーのドイツ大使館で予約がとれなかったため、オーストリアのウィーンで申請したら速攻で取得できたよ!ということで申請体験をシェアします。

※以下2018年の情報なので、確実にビザを取得したい人は公式ウェブサイトや問い合わせなどで再確認してください。

まず、ビザ申請時にlee抹茶が参考にしたブログに丁寧な説明が載っているので、ぶっちゃけ詳しい内容はこちら(情報は2016年時)をご参考ください。

大使館にメールで問い合わせ+公式サイトで予約

とにもかくにも公式ウェブサイト(https://wien.diplo.de/)。

ふえぇ

 

Nincs probléma!!
All hail Google! All hail Google!

ドイツ語がわからない人は、テクノロジーを駆使して予約ページに辿り着こう。予約が完了すると大使館から(ドイツ語で)メールが届きます。後は書類を準備して大使館へレッツゴー。

ちなみにメール問い合わせは各国に送ったけど、英語かつ一晩で返事がきたのはジョバウィーン大使館だけだったよ。

書類を準備する

あくまでも私が提出したものだということをお忘れなく。

ワーホリビザ申請書+同意書

application form, declaration reg § 54 AufentG
まずワーホリビザ申請書と同意書的なものをダウンロード。申請書はデジタル入力⇛印刷⇛サインしました。なぜかパスポート発行機関の名前が入り切らなくて謎のFOREIGN AFFAIRSになったけど気にしない気にしない!

パスポート+コピー

passport + 1 copy
写真と入出国スタンプがあるページをすべてコピー。パスポート本体も忘れずに。あとドイツ滞在終了から3ヶ月以上の有効期間がないと駄目ですよ。

パスポートサイズの写真1枚

passport size photograph
うん。念のためにドイツ規格のサイズを確認しましょう。

新しめの資金証明+コピー

proof of sufficient financial means + 1 copy
日本から取り寄せた英語の残高証明(2週間くらい経っている)+ネットバンキングから印刷したもの(申請前日)を提出。ネットバンキングについては再びテクノロジーを駆使しましたが、with translation if applicableということなので絶対英語じゃないと駄目というわけではなさそうです。それと残高証明がネットバンキングのみであれば原本もなにもないので、自分用以外にコピーする必要はないです。

必要金額に関しては、最初に紹介したブログに載っている金額(€3000+€2000=€5000)を参考にしました。私の場合ハンガリーからの渡航なので(飛行機予約のレシートを提出)、各自ご確認ください。

健康保険の証明書

proof of insurance
私はかの有名なCare conceptの『Care College Comfort』というプランを利用。入国予定日から一年間に設定して€420でした。プラン名と金額が載っているファイル(Insurance certificate)とレシートを提出。

最低でも€30,000補償しているものを選ぶ必要があるので、プラン内容はその都度チェックしましょう。

滞在先の住所と可能であれば働く予定の会社住所

a reference in Germany
ニートなのでAirbnbのレシートのみを提出。

申請料?

visa fee (cash only)
ワーホリ申請ガイドラインには申請料€75現金のみと書いてありますが、窓口で『日本人は申請料必要ない』と言われました。とは言えいつルールが変わるかわからないので、とりあえずガイドラインに従うかメールで確認するが吉です。

予約時間まで待っている間うっかり現金を使い(カードを拒否される)足りなくなった分を補うため徘徊したり、浮いたお金で結構ちゃちいポータブルチャージャーを買ったのも今ではいい思い出です。

大使館で書類を提出

以上の書類を携えてウィーンの大使館へ行きましょう。抹茶はドイツ語まったくしゃべれませんが、すべて英語で大丈夫でした。ちなみに申請時大使館はガラガラでというか私しかいませんでした。さくっと申請をすませて帰宅。申請が通ったというメールが来たのは一週間後でしたね。

ビザの受け取りで再び大使館へ

パスポートに貼るタイプのビザなので、午前中にパスポートを提出して午後にビザが貼られたパスポートを受け取りに行く必要があります。メールでは月・水・木のいずれかの曜日の09:00 – 12:00にパスポートを提出、15:00 – 16:00に受け取り、と書かれていました。

以下はブダペスト在住者向け情報。
ブダペストからウィーンへ行く場合はバスが安価・便利です。私が利用した会社はFlixBusで、支払い・チケット保持がオンラインとアプリで完結して便利。Budapest Kelenföld bus stationから約3時間でVienna International Busterminalに到着します。ちなみにEU圏内をバスでまたぐ場合、(少なくともこの会社では)乗車時にパスポートの提示が求められます。IDカードだけでは乗車させてくれないのでご注意ください。

パスポート持ってきてなかった人が『OMG sh!t…』ってなっとったわ
ひええ

以上、参考になれば幸いです。チュース!(にわか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です