胸アツ!ひときわクールな生き方をしているフリーランサー3人

Summeeeeerrrr!

地元の花火大会にカメラを携えて行ったけれどもバッテリーが入ってなかった、わかってた!どうも、lee抹茶(@lee_matcha)です。

実は先日、新卒フリーランスのパイオニアであるwasabiさんhttp://wsbi.net/)主催のオンラインサロン『海外フリーランス養成スクール』に参加いたしました。ていうかこのブログを開設できたのもこのサロンのおかげだよ!1人じゃ何もできないアンチクショウ!

このサロンには海外でフリーランスとしてやっていきたい人、情報収集をしたい人、コネクションを拡げたい人などが参加しています。課題やプロジェクトをこなしつつフリーランスの仕事を拡大していき、稼いだお金でwasabiさんがフリーランスとして活躍しているドイツでオフ会をしようじゃあないかという行動至上主義者の粋な集まりです。

そんなこんなで、あまりにもLazyチキンで新しい物語が一向にはじまらないlee抹茶のしりをたたきまくってもらうために参加したこのサロン。プロジェクトに参加(表明)してみたり課題をこなしてみたりと、充実した日々を過ごしています。

wasabiさんは寛大にもこのサロンから、ひいてはwasabiさんから搾り取るだけ取るようにとおっしゃっておられたので、考えうる限りのありとあらゆる方法で力の限り搾りまくるよ!(なんてこったい!)

N
へーがんばってねー(棒)
lee抹茶
Nたんありがとう!がんばる!
N
ところで搾取の部分だけど…記憶の改竄してないよね?
lee抹茶
大丈夫!(多分!)

というわけで今回は『今一番lee抹茶をときめかせている胸アツサロンメンバー』の3人をご紹介します!(これも課題だよ)

1. 【ワクワクキング】ヨビさん – よとうさんどっとこむ

よとうさんどっとこむ

ブログを開いた瞬間から溢れ出るワクワク感!何かとんでもなく面白いことをやらかしくれそうなオーラがダダ漏れています!こんな人になりたい!あと韓国語好きなのでさらにテンション↑↑(☝ ՞ਊ ՞)☝(全くしゃべれないけど)

ヨビさんは日韓英葡マルチリンガル!通訳・翻訳、エンジニアであり、また新卒起業家としても活躍しています。lee抹茶とはレベルの違いすぎる人ですが、ようさんどっとこむの記事を読んでいて思いました。

内容はめっちゃ濃いのに軽快な語り口で読みやすい。

私はパソコンの活字を集中して読むのが苦手で、しっかり読みたいものは印刷しなければいけないほどのペーパーラヴァー(時代についていけない)です。

が、ヨビさんの『オーストラリアで財産を奪われた時の野宿経験』、『クラウドファンディング109万円達成記録』、『セブ島留学赤裸々記事』etc. はコアな部分はしっかり伝えてかつ読んでいていおもしろい。というかおもしろい。

✔ヨビさんここが胸アツ!

ヨーロッパ企業と提携を結んでアイデア商品のローカライズ!
今は講演などの質問タイムで使える時短ぶん投げマイク『Catchbox』を販売しています。気になる方はぜひ問い合わせてみてください!

『オモロイデ』を合言葉に数々の無茶ぶり企画に挑戦!
現在ヨビさんは、2017年が終わるまでに上記のCatchboxを1000台売る、クラウドファンディングの支援を受けたなわとび10万回を跳ぶ、1000人と対談することを宣言しています。このワクワクイベントへの貪欲さ、アツくならずにいられようか?

このように、ヨビさんは有言しまくって数で実行をものにしていくザ・行動派タイプなので、「フリーランスとして自立したいけど勇気が出ない…」という人は要チェック!私もそうでしたが、間違いなくエネルギー(と笑い)をわけてもらえますよ。

N
すごし。気になるわー
lee抹茶
ていうか気になりすぎてもう会いに行っちゃいます!
N
マジか
lee抹茶
間近(明後日)

2. 【思考する情熱家】マーディーさん – 1QQ2

1QQ2

まずこのブログのタイトルセンス。マーディーさんが生まれた年と村上春樹の著書『1Q84』からできた名前だそうです。シンプルでひねりがあり、意味があって覚えやすい。私こういうの大好きです。ということで1992年生まれ(ね!覚えやすい!)のマーディーさん、現在はニュージーランドに住んでいます

ビーガンカフェやベーカリーで働くかたわら、フリーランスでは翻訳・通訳・ツアーコーディネーターとしてサービスを提供しているマーディーさん。1QQ2ではまさに最新のニュージーランド情報記事を読むことができますよ。

私が特に注目しているのは彼のズバッと言う人柄と、彼が提供するワーホリ・ニュージランドのお役立ちすぎる情報です。記事を読んでいると「あれ、なんか私ニュージーランドのワーホリに行くんだった気がする」という錯覚を起こしてしまうほど。

数字と裏付けに基づいた仕事・お金に関する情報などを提供してくれ、特に誰もが頭を悩ませるビザ申請(パートナービザ)に関する記事はカバーレターのテンプレートをつけてくれるほどに丁寧で、パートナービザの申請を考えている人にとってはブクマ必須のブログです。

✔マーディーさんここが胸アツ!

情熱に生きている!
ブログタイトル下の説明文に書いてあるのですが、マーディーさんがニュージーランドを選んだのパートナーのため。新卒というブランドを捨てて彼女を追いかけてきたのです。アツい!アツすぎるよォォ!好きな人・ことのために本当に行動する人はぜひ見習いたいです。

キレッキレのオピニオン!
マーディーさんのオピニオン系記事を読んでいて分かるのは、とても気骨のある人だということ。私は自分を殺して殺しまくることを覚えた人間ですが、『ワーホリで日本人とだけ群れて帰る人がきらい』を筆頭に、ストレートに自分の意見を言いきるマーディーさんが好きです。

今のところニュージランドに行く予定がない私でさえも、とりこにしてしまう記事を書くマーディーさん。海外にパートナーがいる、ニュージーランドで働きたい、なんとなく日本のルールに違和感を感じる、という人はぜひ彼のブログを読んでみてください!

lee抹茶
うおーマーディーさーん、俺だーっ!
N
誰だよ
lee抹茶
私もイスに座ると足先をまるっとしてることがあるよー!
N
きもちわるっ
lee抹茶
(ズキッ)そんな素直なところも大好きだよNたん…
ちなみにその他の癖はかかとを床に付けないで歩くことです
N
誰得

3. 【美しき希望の戦士】Amiさん – 私がコンシェルジュとしてベルリンに移住するまで

私がコンシェルジュとしてベルリンに移住するまで

Amiさんはすでにフリーランスでコンシェルジュ兼女優!をされています。現在は日本在住ですが、生まれ育ったヨーロッパでもう一度生活していきたいという思いが強まり、ドイツのベルリン移住に向けて活動をしています。

元々『フリー』という言葉にネガティブな印象があったAmiさん、だからこそフリーになってどうしたいのか?自分が人生に求めていることは何か?ということを考え抜いた上でフリーランスになる決断ができたのではないかと思います。

その覚悟の重さは、フリーだYay!自由だYay!と軽率にフリーランスを名乗っている(?)私の比ではありません。ブログを読んでいて伝わってくるAmiさんの思いやりの心、誠実さ、行動力(そしておちゃめさ)に『美しくてかっこいいとはこのことだ!』と膝を打たずにはいられない!膝が真っ赤に染まるまで!(演劇的誇張表現)

✔Amiさんここが胸アツ!

摂食障害の経験をYouTubeでさらけ出す強さ!
Amiさんは摂食障害と戦い克服していて、その当時の自己否定的な心境や周りの人とのやりとりを動画という媒体で告白しています。私も理由は違えど摂食障害を経験しているので、自分のつらかった過去や体験を公に伝える彼女の勇気ある行動を本当に尊敬しています。

そして、動画でのAmiさんの『自分を肯定しよう』とうメッセージには薄っぺらさなど全くなく、自らの壮絶な体験からくる骨太な言葉であることがビシビシと伝わってくる。

彼女の動画は『過去の自分のようにつらい思いをしている人の助けになりたい』という、私が人生を通してやりたいと思っていることの一つを体現していて、胸も目頭もアツくなってしまいます。

ベルリン企業100社にアプローチ!
私がAmiさんのブログで最も衝撃を受けた記事が『行動すること!自分の可能性を信じて!』。日本の芸能事務所にアプローチをしてうまくいかなくても、やっぱり演技が好きだ、ヨーロッパで暮らしたい、という強い想いで今度はベルリンの事務所やエージェンシーに約100通ものアプローチをします。

そして”一緒にやっていきましょう”と言ってくれるエージェンシーを獲得したのです!

落ち込んでも挑戦して、挑戦して、道が開ける。とても勇気づけられる記事なので、『こんなことしたいけど自分なんかが…』と思ったことがある人には絶対読んで欲しいです!

『本当に好きなことなら、あきらめないで行動してみよう』というメッセージを自らの挑戦とともに、また模索しながらも発信してくれるAmiさん。今後の活躍に目が離せません!

lee抹茶
ヨーロッパの舞台で演じるAmiさんが見たい!
N
だね
lee抹茶
Amiさんとベルリンで握手がしたい!
N
だね
lee抹茶
Amiさんt
N
追っかけか

以上、lee抹茶の独断と偏見(と妙にハイなテンション)による胸アツサロンメンバー3人の紹介でした。この記事で、もっとこの3人のことが知りたい!と思えてもらえたら幸いです。お三方は勝手に変な称号をつけてすみません、気分を害されたらすみやかに撤去いたしますのでなにとぞ…。


勝手にwasabiさん(のつもり)描いちゃってごめんなさい

ではでは。
See ya later!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする