海外在住Macユーザーにおすすめの時差時計アプリ『Clocker』

Sziasztok!(みなさんこんにちは)、現在ハンガリーはブダペストに滞在中のlee抹茶(@lee_matcha)です。

前回の投稿からだいぶ月日が流れてしまいましたが、私は元気に生きています。ツイッターやインスタグラムでは度々呟いていましたが、先日ハンガリーに到着、今はワーキングホリデー現地申請のための準備を進めています。

さてさて、多くの日本人にはあまり馴染みのない国のハンガリーですが、ヨーロッパに位置しているのでCET(中央ヨーロッパ時間)が適用されます。日本との時差は8時間(サマータイム中は7時間)ですね。

私は現在ヨーロッパのクライアントとお仕事をさせもらっているのですが、日本にいた時は締切の日にちや時間などについて、時差チェックが必須でした。

仕事の関係のみならず、タイムゾーンの違う家族・恋人・友達などと頻繁に連絡している人は、スマホやパソコンで常に時差がチェックできる状態にしておきたいのではないでしょうか。

Windowsが入ったパソコンであればタスクバーで複数のタイムゾーンを管理できるのですが、Macにはその機能が標準搭載されていません・・・。

そこでご紹介したい便利なアプリが『Clocker – Menubar World Clock』。

なんとなんとこのアプリ、メニューバーに指定した地域の時間を表示させておくことができます!つまり時差をチェックしたければメニューバーを出すだけでいい。

さらにこのアプリの便利な機能に、『特定の時間の時差をスライドバーでチェックできる』機能があります。どういう事かというと、

比較したい地域を登録しておいて、下部分のスライドを動かせば・・・

現在時刻以外の時差も瞬時にチェックできる・・・っ!この機能は、時差のある地域の人とのSkype時間を決める時にとても役立ちます。実は私、昨年からDMM英会話を始めていたのですが、英会話レッスンの予約をとるためのスケジュール表には日本時間しか表示されないというややこしい状態になってしまって。

Stickiesに時差表をコピペして対応していたのですが、時間を読み間違えてハンガリーの時間で当日に2回レッスン入っちゃってたという変なミスを発生させたりしていました。

そこでこの時差チェックアプリが大活躍。何年間も時差を気にする生活をしていたのに、なぜ今までこういうアプリを見つけられなかったのか・・・。

同じように手動で時差をチェックされている人は、この機会にアプリ『Clocker』を試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク